SCP-XXX-JPは土のひかれた2m×2m×3mの収容室に植えられた状態で収容されます。

以上より,

SCP-XXX-JPは土を敷いた2m×2m×3mの収容室に植えた状態で収容されます。

などに変更するとよいかもしれません.もっと言うと,(旧プロトコルも)そもそも寸法の指定は必要ないようにも感じました."標準的な-"などでもよいかもしれません.さらに,もしどこか特定のサイトで収容されているのであれば

SCP-XXX-JPはサイト-81XXの標準的な収容室内に土に植えた状態で収容されます。

となるかと思います.

小さいプランターに

"小さい"という指定は特別収容プロトコルとして適切な表現ではないように感じます.

各航空会社にこの範囲の上空を飛行させないようにしてください。

航空会社に対して何をするのかが不明で若干違和感のある文章です.また,航空会社が運航する飛行機だけではなく,個人で飛ばす飛行機,さらにヘリやドローンなどが飛行するのもまずいはずなので,ここに入る文章は「範囲上空への航空機類もろもろの進入を防ぐ」という内容になるかと思います.もちろん,臨時なのでそこまでしている余裕がなかったという描写なのであれば別です.

バーベナ(Verbena)に非常に酷似した植物です。

「酷似」は「非常に似ている」という意味なので"酷似した"もしくは"非常に似た"が適切かと思います.

SCP-XXX-JPは一切の栄養を必要とせず、根が土に埋まった状態でないと生存できず枯れてしまいます。

"-しまいます"は報告書的ではない表現に感じました.また,一切の栄養を必要としないのに土に埋まった状態でなければ枯れる,というのがよくわかりません.土に埋まっていないと枯れるのであれば栄養を必要としているのではないでしょうか?土に埋まっていても栄養やらを消費していなかった,ということであれば,前半と後半は逆接で繋がるべきかと思います.

当オブジェクトを視認した人間

直接オブジェクトを視認した場合のみ

個々の好みの範疇かもしれませんが,一般的には"オブジェクト"ではなく"SCP-XXX-JP"と書きそうなところです.

生存意思の低下の兆候を発します。

"兆候を発する"という表現について,特異な印象を受けました.もう少し一般的な言い回しに変更するとよいかもしれません.

自らの手で終了を試み

回りくどい表現に感じます.また,(一般的に)"終了"は財団によって行われるものです.シンプルに自殺や自死でよいかと思います.

またSCP-XXX-JP-1が死亡するとSCP-XXX-JPの付近にSCP-XXX-JP自身の複製体を出現させます。

"-させます"だと主語が不明です.直前までSCP-XXX-JP-1を主語として文が書かれていたのでここで主語を省いてしまうとおかしなことになってしまいます."複製体が出現する"という文章にすると自然かと思います.

複数のSCP-XXX-JPが存在した場合は死亡した対象に一番近いオブジェクトの付近に出現します。また周囲に土が存在しない場合は一番近くにある土に出現します。

見逃しがあれば申し訳ありませんが,プランターではなく収容室に土を敷いて植えている理由がこれなのであれば,結構大事なことなので本文に書いてもいいかなと思いました.

音声記録

喋り方が芝居臭く感じました(実際芝居なわけですが,そういう意味ではなく人間が喋っている言葉として).また,最後のセリフは蛇足に感じます.

終了措置間違えなしだな。

"間違なし"です.

以上の記録から、サイト-81RC内でSCP-XXX-JPの大規模な収容違反が発生したと推察されています。

報告書更新時点ではSCP-XXX-JPの収容違反は確定しているのではないでしょうか.その場合"推察されています"ではないように思います.

後に当時の特別収容プロトコルは廃止され臨時プロトコルが制定されました。 オブジェクトクラスはEuclidに格上げされました。

このあたりの文が若干ふわふわと散らばっているように感じ,時系列や事実関係が掴みづらいです.一旦整理して書き直すといいかもしれません.

▶︎ 補遺2: 侵入作戦/site-81RC

補遺2: 潜入作戦/site-81RC

侵入/潜入の表記ゆれがあります.

▶︎ 補遺2: 侵入作戦/site-81RC

これからサイト-81RCに侵入する。

侵入後は各隊員で分かれて作業を行う。

では侵入を開始する。

[スリーが監視室に侵入する]

既存記事にもよくありその度に気になる表現なのですが,"進入"の方が適切かと思います."侵入"を使うのは不法/勝手に入り込む場合です.

サイト-81RCへ探査に赴きました

そこまで大きな違和感ではないですが,ほんの少し報告書的ではない表現のようにも感じました."-の探査を行いました"とし,直後の文は"探査中、機動部隊い-19は……着用しています"とする,というのはいかがでしょう.

私が出口まで誘導します。

衍字

こちらスリー。SCP−XXX-JPの収容チャンバーを発見しました。

太字にした部分がハイフンではなくマイナスになっています.

スリー: 了解。

[スリーが監視室に侵入する]の上の部分ですが,太字になっていません.

中に入りました。状況は至って正常です────

─────編集画面?

──────スリー、

手紙────?

これについては個人の感想の域を出ませんが,ダッシュが長すぎて違和感があります.長い間を表現するのでもない限り通常通りの2連ダッシュでよいかもしれません.間を表現する場合でも,[間]などと書くのが一般的でしょう.

anomalous-2387-81RC

Anomalous-2387-81RC

表記を統一したほうがよさそうです.

ツー: 肉体労働だけは勘弁してくれよ。

スリー: お前は前の部隊のほうがもっと辛かっただろ。

[数人の微かな笑い声]

この部分が存在することでせっかくシリアスだった記録の雰囲気が壊れてしまったように感じます.

以上の記録より以下の物品を回収しました。

記録,というより探査ではないでしょうか.

嗚咽を吐きながら泣いてしまいました。

「嗚咽」とは泣くことです.それを吐きながら泣く,というのは日本語としておかしいのではないかと思います.

仕様がありませんが、彼にはAクラス記憶処理剤が投与され、文書の内容を消去されます。 我々も同様です。

そして、この文書は隠蔽されます。

これを部隊長が言っている点に違和感があります(彼が決めたわけでもないでしょうに).更に言うと,通常報告書に載せるようなメモはもう少し上の立場の人間が書くものではないでしょうか.

しかし私は研究成果の横取りなどはしてい いいえ。私に言い訳をする権利などありません。

指摘ではなくちょっとした提案ですが,"しかし-"の部分に取消線装飾をされてはいかがでしょうか.

私が彼女を庇い切れなかった私がいけなかったのです。

太字にした部分がおかしいです.どちらかが間違っています.

私は彼女を亡くならせたその日から顔を洗って鏡で平気な顔でいようとする自分を見ると嫌気が刺し、自分の顔が嫌いになりました。

頭の片隅の引っかかっていました。

片隅引っかかっていました

その言葉は自分の業を振り返えり、

振り返り

振るい立たせてくれました。

奮い立たせてくれました

自分を良い方向へと指をさしてくれました。

衍字

死んだ彼女はサイト-81██の汚染遺体安置室にあります。

"死んだ彼女の遺体は……あります",もしくは"死んだ彼女は……います"とすると自然かと思います.個人的には"死んだ"はないほうがいいような気もします.

この情報は貴方のクリアランスレベルでは開示されない情報ですが

"情報"が2回続いています."これは……情報ですが"もしくは"この情報は……開示されないものですが"とするとよいかと思います.直後に同じものを指す"これ"という言葉が出てくるのでどちらかというと後者のほうが個人的にはおすすめです.

補遺3の手紙について,全体的に文章がごちゃっとしている印象を受けました.そういう演出にしてもかなり読みにくいです.読点を入れたり長い文を分けるだけでも読みやすくなると思います.