SCP-XXX-JPとは?収容方法や性質は?調べてみました!


最近よくいろいろな所でSCP-XXX-JPの話を聞きますね。 👂🤚💬

😅でも皆さん、実際はこのSCiPについてよくわかっていないのではないですか? 🤔

SCiPNETでシェア!

☝️☝️☝️気に入ったらシェア!

そこで、今回はSCP-XXX-JPについて調べて、自分なりにまとめてみました!

目次
1. 特別収容プロトコルは???
2. 驚くべき異常性!!!



0. 待って!そもそもオブジェクトクラスは?



おっと、大事なことを忘れていました笑
そう、オブジェクトクラス!なんとこのオブジェクトは。。。

Safe

です!しかし油断できません。いったいどんな凶悪な性質なのでしょうか?



1. これがないと始まらない!特別収容プロトコルは???



SCP財団といえばもちろん🤣🤣収容ファナティック🤣🤣ですが、このオブジェクトはどのようにして収容されているのでしょうか❓❓❓

シンキングタイム。。。終了!

実はこのオブジェクト。。完全には収容できていないのです!!!😱

今はまだ何とか財団のコンピュータ内に収容できていますが、そのコンピュータ内で暴れているのです。まあ、性質が抑えられてないとはいえ、一定の範囲内に収まっているのでSafeなんですね。👍👍

ちなみに筆者は先日アメリカのサイト-████にお邪魔させていただいたのですが、やはり本国の収容設備はSafeクラスでも🌟一 級 品🌟のものばかりでした。どれだけ予算をかけているんでしょうか。🤔



2. いよいよ核心に!性質はどうなの??



さて、まずはこのオブジェクトがどのような姿をしているかですが、なんと、これには実体がありません!!!
本体は[編集済]という文字列で、これがウェブサイトなどのソースコードに挿入されることで、異常な働きをします。

そしてその性質とは

「挿入先の文章を読みやすいものにする」

というものなんです!!!
😅流石に削除、編集された部分などは戻せないようですが汗
どうです?クールだったでしょ?

こんな素晴らしいオブジェクトなら是非積極的に導入してもらいたいですね!笑

<←前の記事「SCP-055の正体とは?その真相に迫る!」>
<→次の記事:未定>




Document-XXX-JPへの不正/異常な操作が検知されました...


異常性の除去を行っています...


████████████████████████████████████████ Complete.


正規のDocument-XXX-JPを復元しています...


████████████████████████████████████████ Complete.


Standard-Protection-Protocolを構築しています...


████████████████████████████████████████ Complete.


ようこそ担当職員様...

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの影響下にある文書はサイト-8104の隔離端末にのみ保存されます。その反ミーム的性質から現在自己収容状態です。担当職員は1時間に1度

説明: SCP-XXX-JPは██文字のアルファベットからなる特定の文字列です。既知の言語において対応する有意義な文字列は存在しないこと、また偶発的に同じ文字列が生み出される確率は十分に低いこと、そして後述するようにSCP-XXX-JPは財団の電子文書に好んで影響を及ぼすことが確認されており、SCP-XXX-JPは財団を害する目的で人工的に異常な技術によって開発されたものであると推測されています。

SCP-XXX-JPが電子文書のソースコード中の任意の場所に挿入されたとき、その異常性が発現します。挿入後数十分から数時間をかけて、SCP-XXX-JPは挿入先の文書を改変します。改変に要する時間は元の文書の長さに比例します。具体的な改変は一般に以下に分類されるものが多くを占めています。

これらの改変は特に文書中の重要な部分に発生する事が多く、被改変部分が重要性の高い情報であればあるほど大規模な改変になる傾向があります。どのようにしてSCP-XXX-JPが情報の重要性を判別しているかは不明ですが、仮説としてSCP-███と同様の反ミーム的特性を有しているのではないかとされています。

SCP-XXX-JPがいかなる電子文書のソースコード中にも挿入されていない場合、また影響下にある文書の改変が終了した場合、SCP-XXX-JPは自発的に新たな挿入先を探します。SCP-XXX-JPは基本的にそれが保存されている端末内ないしはネットワークにより接続されている端末内を検索しますが、SCP-XXX-JPが未挿入であるか端末がネットワークに接続されていない場合、未知の手段を用いて他の端末に干渉します。

SCP-XXX-JPが挿入先とした文書は現状全てが財団の端末内に保存されているものであり、財団以外への影響は確認されていません。多くの場合挿入先の文書は財団由来の文書、特に報告書です。先述の重要性を